SeaBream HARUKA blog

鹿児島 錦江湾 釣り 湾口部での釣り情報 船フカセでクロ釣りが主体です

台風避難解除

2019年10月14日 大潮 満潮:07時21分 天候:晴れ 海況:凪 表面水温:度

巨大台風が九州の遙か東方沖を通過し、中部地区に大被害を出して消滅した
被害に遭われた皆様にお見舞い申し上げます

f:id:SeaBream:20191015104443j:plain

久しぶりに母港へ係留

今期の台風はもう大丈夫だろう・・・・
ということで、朝の満潮時に台風避難先の「二反田川河口」から母港へ回航した

先ず、懸案の「後進をかけるとドライブ固定が巧くいかず跳ね上がる」現象をプロ整備士にお願いして調整していただいたのを、係留ロープで固定したまま数度試して検証

きちんと固定されてるのを確認してから係留ロープを放し回航する
これで安心して【後進】が掛けられる

母港に戻り、燃料を満タンにし、オイルその他を点検して 試走 に出る
試走・・・と言いつつ、エギングロッドだけは積んである (^o^)

出港し、舳先を北に向け 地林ヶ島 方面へ・・・

途中、あちこちとエギを落とし探るが・・・エギを突くのは 河豚 のみ orz
エギを回収する時は河豚の群れが追ってくる有様だ (T_T)

諦めて 地林ヶ島 へ

f:id:SeaBream:20191015104955j:plain

地林ヶ島 小島 今日の本文とは無関係です

友船が クロ(クチブトめじな) 狙いをしていた


・・・が、ポイントが全く間違っているので「あぎゃんして こぎゃんして こげんせなヤッせんど!」と おせっかい爺さまと化すわたし w

なぜ クロ(クチブトめじな)の住処である岩礁帯の真上に船を掛けるんだ??
餌を撒いてくれるとはいえ、住処の上に異物が居座って騒々しくされたら魚だって警戒するだろ??

だいいち、でかいやつ(50オーバー)が来たら突っ込まれて絶対に取れないよ!


何のための【撒き餌】かを皆さん考えてないのか!

【魚の住処】の潮上に【食わせる】ポイントを設定(私の場合は住処から最低でも5mは離す)し、そのポイント(地点と水深)に【撒き餌】と【仕掛け】が入るように船を掛ける

潮勢や風向き、海底の状況などを考慮してアンカーを打つ・・・これが一番難しい

巧く決まれば 釣れたも同然・・・
あとは魚が餌を食いやすいように仕掛けや撒き餌の打点を試行錯誤するだけである

 

話しが逸れた・・・

周辺でエギングやLJG(ライトジギング?)をやるが・・・全く無反応 w(*_*)
地林ヶ島本島の際に移動するも同様に全く無反応 ww

友船に連絡すると「まったく無反応でベラも食ってこない」らしい

そうこうするうちに・・・
手先や足先が 【攣り】 始めた (´;ω;`)

【水分不足】だ!!!!
気がつけば朝からほとんど水分を摂っていないw
持ってきてるのは 午後の紅茶とコーラ のみ 

慌てて帰港し、ドラモリ(ドラッグストアーモリ)に駆け込み【OS-1】を・・

f:id:SeaBream:20191015105112j:plain

次回釣行からは必携としよう

f:id:SeaBream:20191015105220p:plain

爺さま 普通の 水 では足りぬ

支払いでバックから財布を出す間も【指先が攣る】

帰宅し、OS-1を飲んで少し休息していると 手先・足先の攣り が治まった

爺さま・・・水分不足は命取りじゃっど!
分かってるのに・・・爺さまは直ぐに忘れておる  健忘症じゃらせんけ (*_*)

次回の釣行からは【経口補水液】と【栄養補給ゼリー】は必携と心得よ!!!

後進! ドライブが跳ね上がり大慌て(-_-) ・・・の巻

台風17号 通過・・・・

指宿は、冬場の時化よりは時化てるよ!程度で通過してくれました(雨は凄かったですが・・)

台風避難時に、係留ロープをすべて外していざ後進を・・・の時
ドライブの固定がうまく出来ておらずドライブが跳ね上がって後進不能に!!!

そこそこの風が吹いていたのでいささか大慌てしつつ・・

後進方向を定めスロー回転にしてドライブを足で押さえつけ・・・やっと脱出

危うく 係留ロープ群の真っ只中に流され身動きできなくなるところだった 大 (汗)

f:id:SeaBream:20190926121056j:plain

ヤンマー SZ80

YANMAR SZ80  チルト機能は手動である

おそらく、ドライブの跳ね上がり防止調整(ドライブ固定調整)が狂ったのだと思われる
このドライブの跳ね上がり防止調整が巧く出来てないと、ドライブが上がらなくなるか、後進時跳ね上る

川の避難場所が干潮で干上がったので確認作業を・・・

が・・・・ド素人の悲しさ
どこをどう調整すれば良いのかが皆目分からず途方にくれるなど・・w(-_-)

この場所で調整作業が出来ないと、またクレーンで陸揚げしないといけない・・・
予算が厳しい w(T_T)

プロに調整をお願いすることにする

このドライブの構造さえ分かっていれば作業はいたって簡単だそうなw

f:id:SeaBream:20190926120624j:plain

SZ80 手動チルトドライブ 左側

クラッチを「後進」の位置に入れ

写真の真ん中にある(ドライブに向かって左側)のリンケージのナットを緩める

f:id:SeaBream:20190926120737j:plain

馬蹄状のステンレスカバーをズラすと固定調整棒が見える

ステンレス製のチルト固定カバーを少しずらすと”ロック位置調整棒”が見えるので
それを叩くなどして正規の位置へ動かし固定する

ついでに見える範囲の各部にグリスアップ
残念ながら”河口避難場所”では、ドライブを完全に下げて「固定できているか」の確認はムリである

来週の台風(2019/09/26時点では未だ熱低で進行方向も分かっていない)が過ぎ
母港へ回航するときに確認しよう

これの調整方法を ”備忘録” として残します

◇上部レバーリンク中間位置にステンレス丸棒加工した部品がある(リモコンワイヤー連動)
◇リモコンを後進位置にして手動でドライブを持ち上げ跳ね上がるか? 馬蹄のようなロック部を押さえるか確認する
◇調整は6mmボルトを緩める
◇中立にして当たるか当たらないくらいに調整すれば良い

【ジギング】 なるものをかじってみようと思う

「スロージギング」? 「ライトジギング」??
よう分からんのだが・・・

最近餌の準備(溶かして混ぜて撒き散らして・・)とかが面倒くさいので、竿・仕掛け1本分 クーラーに氷と食料入れて積みこんで・・

アラカブ」やら「オオモンハタ」やら小型の青物やらが釣れれば充分なのである

そんなに甘いものでは無い!・・・も理解した上で、2~3尾釣れれば良いのである (^_^;)

f:id:SeaBream:20190916162031j:plain

MicroFlip・・・という商品名だけは知っていたのでw

f:id:SeaBream:20190916161006j:plain

情報を仕入れつつ何やかにやと購入

手持ちの道具は・・・

エギングロッド(ティップラン用)とスピニングリール
PE0.8号を150m巻いてある
こいつには「マイクロフリップ 35g」か「ジグヘッド(20~30g)」にワームを付ける

深場用アオリイカ竿(普通の安いジギングロッド)
両軸リール(BARCHETTA BB) PE1.5号 200m
こいつは、ソルティベイト60~80gを真下に落とすときに

チョロ釣り用 ジギングロッド(これも安いジギングロッド)
超古いスピニングリール SHIMANO ツインパワー2000 PE 2.5号 200m
これは、上記のソルティベイトなどを投げるときに使う

f:id:SeaBream:20190916161119j:plain

ベタ凪・・・だが未だ暑すぎる

9月11日水曜日 中潮  天候:晴れ 海況:ベタ凪
エンジンの確認とジギング試し釣りを兼ねて、雨がやんだ午前11時に出港

港の目の前・・・水深15m
ジグの使い方の練習なので道具は写真の1本のみ
先ずは「マイクロフリップ 35g」を・・・

メインは砂地だが所々に岩礁帯があるので オオモンハタ 系の小型なら生息しているはず
餌釣りでもたまに釣れている

数投するうち・・・底をとって2回ほど巻いた瞬間に コン! 
可愛い子どもの「オオモンハタ」

あちこちとポイントを探りながら同サイズのオオモンハタが3尾 と白フグの猛攻 w
(すべてリリース)

f:id:SeaBream:20190916161235j:plain

記念すべき ジギング 1尾目は オオモンハタ(子供ちゃん)

水深40~50mを試してみようと思い、事前に聞いた「山立て」で、地元では有名なポイント「カ○オ×」を探し回るも探し出せずでした

クロ釣りしかしなくなって、わたしのGPSプロッターのデータは浅場の自然の沈み瀬群や岩礁帯しか入ってないのです

ジギングでオオモンハタや小型な根魚などを狙うときは無問題なのだが
青物や真鯛を狙う深場となると、指宿沖の場合は基本砂地で「人工漁礁」なポイントが多く
たとえ最新の「new pec(フルノフォーマット)海図」であろうと入力はされていないので自分で見つける必要があるのです

「こんにちわ! 釣れてます??」
などと愛想笑いを浮かべながら先達の船に近づき「ポチッ」と登録ボタンを押させていただくのであるが w m(_ _)m

単独で平日が多い爺さま・・・
肝心なポイントに船が全く居ないのはいつものこと

今回も、釣友から聞き出した「山立て」を頼りに探し回るものの・・・・
簡単には見つからない (-_-)

だからこその「GPSプロッター」なのだが w(^_^;)

山川沖 「カ○オ○」・・・・
地元では超有名なポイントではある
今回も含め2連続で合計1時間ほど探したが・・・見つからん!!!!!

f:id:SeaBream:20190916161355j:plain

山川沖 俣川洲(またごし) 投稿とは無関係です

仕方なく、釣友にひれ伏して聞き出した 緯度経度 31.12.○×○ 130.40.○×○  w(^o^)

これで釣れたも同然じゃらせんけ 

 

廃船の危機からの脱出 修理顛末記

2019年08月末日 天候:小雨→曇天 

超ひさしぶりに更新・・・まだ生きてますw  長文であります m(_ _)m

2019年4月・・・【ヨコワ】(クロマグロの仔)の突進に翻弄された日!の更新から早や五ヶ月!!


「お前さん 生きてるのかい??」というありがたいお言葉に一念発起して近況報告をば (^_^;)

 

4月中旬・・・初めて釣った【ヨコワ】の祟りが発生!


その1:・・・・

その日、いつものように「クロ釣り」に出港・・・・
港を出て 1分後 ・・突然 「充電警告灯】が点灯した!!! orz(-_-)

慌てて船を止めエンジンを停止しエンジンルームを覗き込む
「多分 オルタネーターベルトの緩みとかじゃね?」

しかし、オルタネーターベルトはエンジンルームの奥だ
エンジンに覆いかぶさって奥を見ないと確認すらできない

・・・・熱いw
「エンジン触れんし・・・冷やさないと無理っしょ!」

「充電警告灯は点いてるが水温警告灯は点いてない!」

まだ港の出口だ よし帰ろ! とエンジンを始動し引き返す

無事に停泊場所に到着しエンジンを停止して・・・
「とりあえず冷えるまで昼メシ食いに行こ (^o^)」・・・出港が遅すぎっちゅう証ですなw

冷えた・・・・
案の定ベルトが緩んでおり、必死で張り直す

・・・・疲れた 今日は止めじゃ (-_-)

その2:・・・

悪天候で出られない・・・仕方ないのでエンジンだけでも掛けて充電じゃ!

エンジンルーム内の電源スイッチを入れエンジンスタート
アンカーやアンカーロープその他諸々の点検整備をば・・・

!!!! 「ピー!」 警告音

「なんじゃ???」

慌ててエンジンを止めエンジンルームを覗き込むと・・・・
船底にグリーンの”不凍液”が溜まっておるではないか orz(T_T)

「ラジエター漏れ? ラジエター破損? ラジエターホース破損??」
これまたエンジンが冷えるまで確認すら不可能・・・・

「とりあえず冷えるまで昼メシ食いに行こ (-_-)」

その・・・最悪じゃ

とりあえず漏れ箇所を確認するためにラジエターに真水をば・・・
入れ足した途端、速攻で漏れ出てくる”真水”の流れ w

この際、プロに見てもらうのが懸命じゃっどが w(-_-)

・・・・プロ整備士さま
「おそらく静水ポンプの破損じゃ! パーツがもう無いかも!!」

信頼のヤンマーディーゼルとは言え40年以上を経たエンジンである
パーツが無くても当然である
「週明けに確認してはみるが・・・静水ポンプ・シール・付属のホース・・・厳しいかもよ」

パーツがなければ廃船である!
エンジンを載せ替える・・そんな金があれば船を買い替えとる

我が釣り人生も終焉じゃっど・・・

その3・・・

「パーツ有ったど!! 総額6万円 工賃別 笑(^o^)」
「てか・・開けてみないとそれで終わるかは分からんど 笑笑(^o^)」

「げげっ・・パーツが有ったのは嬉しいが、修理総額がこの船の購入代金に近づくとなれば・・廃船じゃっどw」

「修理するにあたって、この際エンジン前方にアクセスしやすくする為、キャビン前方を切り取って開放したほうが良いかも・・・」
「とりあえずキャビン前方を開放して壊れた静水ポンプを外して確認してみよう!」

・・・で、キャビンを潔く切り取り開放!!

f:id:SeaBream:20190831122746j:plain

キャビン前方を切り取って開放する

f:id:SeaBream:20190831122900j:plain

f:id:SeaBream:20190831122941j:plain

エンジンルーム側から めっちゃ明るくなったぞ

 

FRPはこういうときは便利だ
切って張ってが自由自在じゃからの (^o^)

f:id:SeaBream:20190831123055j:plain

上のプーリーの内側に「静水ポンプ」がある

f:id:SeaBream:20190831123216j:plain

軸受が破損しとる 手で動かすと簡単にブレブレ

壊れた静水ポンプ・・・・
軸受が壊れて軸がブレブレじゃらせんけ?
軸受のベアリングが経年劣化で破損したようだ

「幸い・・・船屋としては買い替え促進のチャンスを逃すが・・・静水ポンプの交換で終わりそうじゃっど」
「修理総額・・・円程度  払え!」

私  「・・・円!!!!」
    「分割でヨロ w」
船屋 「・・・船買い換えようよ」
私  「んな金は無かっちゃもん」

 

f:id:SeaBream:20190831123404j:plain

修理完成 周囲を清掃し簡易塗装・・・気は心で (^_^;)

f:id:SeaBream:20190831123602j:plain

f:id:SeaBream:20190831123631j:plain

f:id:SeaBream:20190831123713j:plain

エンジンルームが明るくなった

f:id:SeaBream:20190831123939j:plain

通気口はキャビン横に移設




修理完成じゃ!!!!
「キャビン・・思った以上にカッコよくなっとらせんケ (^o^)」

その・・・試運転

ブレブレで動いていた静水ポンプが新品になり、エンジン音が静かになっとる!
エンジンの回転が滑らかになった・・・気がするw」

・・・が、相次ぐ台風避難と悪天候で釣りに出られぬまま、未だに釣りに出られんのだ (T_T)

釣行記に続く (^_^;)

 

【ヨコワ】(クロマグロの仔)の突進に翻弄された日!

2019年04月06日 大潮 満潮:07時42分 天候:晴れ 海況:凪→風浪 うねり有り 表面水温:計測せず

数週間ぶりの釣行である
「中間検査」も無事に終えたものの、凪日と暇が重ならず、今日も昼から風が予想される怪しい天気図ではあったが辛坊たまらず、今回もイサキを求めて湾口へ

午前8時出港・・・
なんとか起きた!・・・というか眠りが浅く1時間毎に目覚めるので、終いには目覚し時計無しで起き出すという「遠足前気分」な爺さまであった

大潮・・・
潮が動かない確率80%と予想する w(-_-)
となると釣れない確率もこれまた80%だろう

午前9時過ぎ 釣り開始

案の定、マキエサは垂直に垂れ下がりながらゆっくりと流れていく
「チョろ釣り」の仕掛けを運ぶ潮勢は全く無い w(-_-)

 

第1流
とりあえず、マキエサが効いているであろう20m先をポイントとみなして、10mラインを出し、張るのを待ってホールドしまた繰り出す

カウンター数値「15m」で止めて仕掛けを張る

カウンター数値15m先に潮受けゴムとサルカン
サルカンから4合ハリスを5ヒロ(約1.4m×5=7m)で2本針

仕掛けがマキエサと同調した?と思われた瞬間にラインが走って イサキ35cm
仕掛けの角度から判断して、食っているタナは8~12m前後と思われる

 

第2流
おなじく15m先で止めて イサキ36cm

第3流
15m先で反応なし・・・5m追加・・反応なし・・さらに5m追加し25m先で ヘダイ50cm


ヘダイの馬力を堪能しつつ・・・食べないのでリリース

「これはマズい・・浅く釣ろう!」
深くするとヘダイの群れにあたると予想して15m~20mの範囲で仕掛けを止めよう

 

第4流
撒き餌の帯が4mほど沈むのを見ながら、仕掛けを10m繰り出し一旦止めるさて・・そろそろラインを・・・と思った瞬間 とんでもないスピードでラインが走る!
一気に30mほど突っ走り止まる


「大型真鯛??」
と・・今度は斜め横に逃走!!
真鯛ではない!」 青物か!!

ラインを出しすぎると、水深15m前後に浮遊する障害物(人工魚礁)に触れてラインブレイクは必至だ

とにかく、これ以上走らないように、深く潜らないように竿と指サミングで誘導を試みる

やっと船の下まで誘導するが、青物特有の円運動でなかなか浮いてこなかった

f:id:SeaBream:20190406190732j:plain

【ヨコワ】 クロマグロの幼魚 55cm

スリリングなやり取りを楽しみながら ヨコワ(クロマグロの仔) 55cm

資源枯渇の「クロマグロ」なのでリリースも考えたが、口から血を流していたので持ち帰るべく、速攻で血抜きして腹を出し、今日に限って持ち込んでいた 壊れる寸前のRYOBI 35Lクーラーへ

横長のクーラーではあるが尾っぽを曲げないと入らなかった
これで、長年お世話になった リョービ製クーラー は、いつお役御免になっても良いだろう (*^^*)

 

第5流
血抜き解体作業の合間も間断なく撒き餌は入れている
再度10mでラインを止め身構える!

バチーン!!
ラインが一気に走った瞬間合わせ切れだ!!

震える手で仕掛けを組み直し・・と言っても4号ラインしか持ってきてないw

第6流
今度も一気に突っ走り・・・角度が悪く障害物に擦れてラインブレイク

第7流
全く止まらず・・・・

流石にチョロ釣り用の短竿に4号ハリスでは為す術もなく・・・
”釣り人あるある” で食ってきたのは最初の55cmが小さく感じる程のヤツでした

 

 

午前11時前・・・・
見た目では潮がなくても活性は高かった海が突然静まり返る・・・・

潮行きの角度が微妙に変化する

仕方なく深く入れ込んでいくと ウスバハギの55cm(リリース)

f:id:SeaBream:20190406191104j:plain

ウスバハギ 55cm 美味しいらしいのだが今回はリリース

 

?? やはり浅く止めよう!

午前11時30分・・
風が止まり・・・南西風に変わる頃 クロ(クチブトめじな) 36cm

それを期に船がクルッと回ってアンカー潮になり風浪が立ちだして万事休す w(T_T)

12時前・・・撤収となりました

釣りの正味時間は2時間弱・・・
とはいえ、初めて「ヨコワ」を釣った記念すべき日となりました

 

f:id:SeaBream:20190406191232j:plain

本日の釣果

本日の釣果:
ヨコワ(クロマグロの仔)55cm 1尾 イサキ35cm前後 4尾 クロ(クチブトめじな)36cm 1尾 他はリリース

 

追記 釣果を食す(我が家のお隣 食事処すえなが 謹製)

f:id:SeaBream:20190406191357j:plain

ヨコワ と クロ(クチブトめじな)の造り

 

f:id:SeaBream:20190406191521j:plain

イサキの揚げ浸し 揚げて大根おろしと出汁に浸す

 

春の物欲祭り 出湯の里で沸々と・・・・釣りネタがないのですw

【令和】 新元号決定 おめでとうございます 🎌

f:id:SeaBream:20190403155544p:plain

2019-04-01

f:id:SeaBream:20190403155638j:plain

中間検査 終了

【平成】最後の中間検査は終わったものの・・時化続き w(T_T)
たまの凪の時は仕事や所要で出られず・・・

”釣り人あるある” ですかね ^^;

時化続きの釣り人は”物欲”を膨らませるばかり
これも ”釣り人あるある”ですか w

 

先日”58cm真鯛”を掬う際、使っていた”自作タモ”の枠が細すぎて変形しちまいました w(-_-)

替えよう替えようと思いながら・・小さな魚なら普通に使えるから・・予算が貯まったら・・と先延ばししていましたが、良さげな”タモ”を見つけてついに発注 (^o^)

f:id:SeaBream:20190403155730j:plain

昌栄 ラバーランディングネット

昌栄 ラバーランディングネット ライト NO.297

www.amazon.co.jp

 

これで10kg級の真鯛やクエが食ってきても安心です (^o^)
待て!釣り上げられたら・・・の間違いだろ! という声は無視します w^^;

ついでに・・生簀から魚を掬う小型の”タモ”の網が経年劣化で穴が開いちゃいましたので、これは知り合いの”漁師”さん自作の頑丈な”タモ”と交換しました


ま、ここまでは貧弱な釣り予算でもなんとかなりましたが・・・・
なまじ”物欲”を刺激されたからさあ大変  (-_-)

次から次と物欲の嵐が吹きまくっております

物欲リスト”  

その1・・・YANMAR Toprun J EF23B 115馬力
      錦江湾・湾口部での単独釣行には最適な船だと思う
      浪乗りが良いうえに船の剛性が高く乗り心地が良い

      叩かず、横揺れが少なく、デッキが広く舷側も高い 

      115馬力だと最高速30ノット超! 燃費が怖いけど・・


      予算度外視! 宝くじでも当たらなきゃ絶対無理 (T_T)

www.youtube.com

 

その2・・・チョロ釣り・泳がせ釣り用ロッド Fishman BRIST5.10LH
      手持ちなので軽くて2m以内で10kg級真鯛マハタなどが

                     食ってきても楽勝なパワーを持ち、且つ、ガイド絡みの少ない

                     ”Kガイド”等を装備する


      少し頑張れば逝けるかもな・・・

f:id:SeaBream:20190403160528j:plain

Fishman BRIST 5.10 LH



 

その3・・・チョロ釣りや泳がせ釣り用電動リール SHIMANO ForceMaster 1000
      シマラーなので・・・w

      チョロ釣り用ライン(フロロ4号 300mが余裕で入りパワフル


      竿とリール・・どっちが先か?っちゅうこってすな

 

その4・・・懸案の50Lクーラー 秀和(SHU-WA) 56SDL
      低予算で真夏でも使える高性能なクーラーといえばこれしか無いでしょ!
      撤退した「オリンピック釣具」のクーラーといえば知る人ぞ知るです
      

      現実を直視した結果・・・これなら逝ける! 

      てか・・何年も同じこと言ってるじゃんか 情けなや ww(-_-)

f:id:SeaBream:20190403160859j:plain

秀和(SHU-WA) クーラーボックス ビッグレジャークーラー 56SDL

 

 


      

お詫びと訂正 【阿多カルデラ】

2019年03月15日 の記事中【姶良カルデラ】の記述は間違いでした

https://seabream.hatenablog.com/entry/2019/03/15/234614

正しくは 【阿多(正確には 阿多南)カルデラ】です

阿多カルデラ(あたカルデラ): 鹿児島湾南端にあるカルデラ
姶良カルデラと鬼界カルデラの中間に位置する

【神瀬灯浮標】は写真でも分かるように、このカルデラの外縁部にあたると思われます

訂正してお詫びいたします  管理人

f:id:SeaBream:20190323152948j:plain

【阿多カルデラ】想像図